読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ビジネスマンなら、睡眠不足なんて当たり前」と、あなたは軽く考えていませんか。でも、睡眠不足ががん、心臓病、脳卒中など命に関わる重大な病気の原因になっているとしたら、どうでしよう。「たかが、睡眠不足」などと言っていられないのではないでしよ…

寝室の照明と睡眠の関係

「火」を直接、人工光源として使用していた昔の人々に比べ、現代人は高照度、かつブルーライトを浴びやすい環境にさらされているのです。ブルーライトは、可視光線のなかでもっともエネルギーが強く、脳に強い覚醒刺激を与えます。この刺激を受け続けている…

部屋の明るさと睡眠の関係

照明の普及により、夜でも明るい生活を享受している現代人がいきなり真っ暗な環境に置かれると、脳にまったく刺激が入らず、感覚遮断の状態になります。すると、脳が処理する情報を失って、いわば空回りしてしまい、幻聴や幻覚が現われたり、意識が混溺した…

睡眠中の脳波の変化とマットレスの関係

睡眠科学は脳波の発見により、飛躍的に発展しました。レム睡眠やノンレム睡眠も、脳波を計測することで、はじめて発見されました。脳波とは、脳が活動すると必ず発する電気信号です。脳の電気信号は、心臓などと異なり非常に微細なので、計測の際に、アンプ…

睡眠と記憶の関係

睡眠時の脳内の働きは、レム睡眠が中心に担っていますが、最近はノンレム睡眠時にも記憶の整理や定着が行なわれていると考えられています。 いずれにしても、無駄で重いデータを削除し、活発に脳を働かせるためには、レム睡眠が必要なのです。 睡眠で、記憶…

睡眠が脳を活性化させる

高度に発達した人間の脳は、非常に繊細な神経伝達回路を持ち、全エネルギー消費量の18%も使うほどハードワークをこなしています。しかし、連続的に使用すると機能低下を起こし、損傷すると正常な精神活動や生命活動が行なえず、生命の危機に瀕することになり…

快適な睡眠を得る条件

もっと記憶力を高めたい、クリアな脳にしたい、脳を活性化して仕事の効率を高めたい、と誰もが願うことだと思います。でも、どうすればいいのでしょう。その答えは睡眠のなかに隠れています。睡眠とは、単に脳を休ませるだけではなく、脳の働きを高めるため…